インバウンド需要獲得の決め手? イスラム教の食タブー「ハラル」について知っておこう

【ざっくり要約】

  • 観光ビザの緩和で外国人観光客が増えるなか、イスラム教圏からの訪日客の伸びに注目が集まっている
  • イスラム教には数々の食に関するタブーがあり、ムスリムが食べられるものは「ハラル食品」と呼ばれる
  • 東京五輪に向け、日本国内でもハラル対応を始める飲食店が増えている
     

中国や東南アジア諸国からの訪日観光客ビザ要件の緩和で、外国人客数は過去最高を更新し続けています。特に昨今増加が著しいのは、インドネシアやマレーシアなどからのムスリム(イスラム教徒)客です。そんなイスラム教では、「豚肉を食べてはならない」といった食のタブーが存在することは、日本でも徐々に知られるようになってきました。

東京五輪に向けて、イスラム教圏からの訪日観光客数の増加傾向がますます強まると考えられるなか、インバウンド需要の取り込みを目指し、日本国内でもハラル(イスラム教で許されたもの)対応を始める飲食店が増えているようです。今回はそんな注目すべき「ハラル(ハラール)」の基礎知識を紹介します。

豚肉やアルコールだけじゃない! ハラルではない食材とは

イスラム教徒が豚肉を食べないのはよく知られています。それも、かなり厳格です。豚肉が入った料理はその皿全部が食べられず、豚肉に使った調理器具で作った料理も食べることはできません。
たとえば、豚肉の入ったポークカレーがあったとして、具の豚肉のみを取り除けば食べられる、といったレベルではありません。もっと厳密には、キッチンそのものや調理器具も完全に分けなくてはいけないとされています。

非ハラル食品は「ハラム食品」と呼ばれます。よく知られている豚肉のほか、肉食動物・爬虫類・昆虫類、水中でも陸上でも生きられるカエルカメカニなどの生物も禁止されています。また、教義上は許されている牛・羊・鶏などもイスラム教の作法に沿って処理される必要があります。

ハラルの範囲は人それぞれ?

なぜムスリムがここまで厳格に食に関する決まりを守るかというと、ハラル食品のみを口にすることは、彼らにとって神の教えに忠実に従うこと、すなわち信仰そのものだからです。

ただ、すべてのムスリムが厳格にハラルを守っているかというと、国やその土地の文化、本人の信仰の度合いによっても異なります。
アルコールはNGとされていますが、なかには「飲むのはダメだけど、料理に入れる分には酔いの原因になっているアルコール成分が飛んでいるのでOK」という人もいますし、醤油などの調味料に添加されているアルコールすらも口にしてはいけないという人もいます。また、アルコールを売っている店や飲んでいる人とは一緒に食事できないという人もいるといいます。

もっとも、豚肉に関してはそういう個人差が少なく、ほぼすべてのムスリムが豚肉を口にしません。豚肉どころか豚のありとあらゆるものはダメだとはっきりしています。ラードや、豚を使ったゼラチン豚肉エキスなども口にできません。
数年前、イスラム教徒の多いマレーシアで、海外の大手菓子メーカーのチョコレートに「豚のDNAが含まれている」というウワサが広がり、大規模な不買運動になったこともあったほどです。豚肉やその関連製品はそれだけ彼らにとって忌避すべきものなのです。

また、「疑わしきは避ける」という精神も根付いていて、野菜や果物、魚などハラルであることがはっきりしている食品以外(とくに加工食品、お菓子など)も、成分がよくわからないものは口にしません。そのため、イスラム教徒が多い国や地域では、食品パッケージやレストランの店頭に「ハラル」マークを表示し、ムスリムが安心して口にできることを示しているほどです。

飲食店はどこまでハラルに対応すべきか

日本食の場合、みりんのほか、醤油にもアルコールが添加されているため、完全な「ハラル」を実現するのはほぼ不可能といわれています。日本でも最近はハラル認証を取得したことをアピールするレストランも増えているようですが、大半の店では一部メニューのみハラル対応というところが多く、全メニューをハラル対応にしたり、ムスリム客向けに厨房を分けたりと、完全対応しているというところはまだ少ないようです。

一方、ムスリム人口が全体の6割を占め、世界的にハラルビジネスの先駆者となっているマレーシアでは、「ポークフリー(豚肉不使用)」という表示を掲げる日本食店が多くなっています。イスラム教の戒律では、厳密には「ポークフリー=ハラル」というわけではありませんが、それでも地元のムスリム客の多くが、そうしたポークフリーのお店で食事を楽しんでいるといいます。

日本国内の飲食店では、ムスリム客のためにキッチンを分けたり食材調達をするのは、どう考えてもコスト面で非現実的。マレーシアの事例を参考に、最低限の「ハラル」を守るということが、ムスリム客の需要獲得につながっていくことになるのかもしれません。


参考:

関連記事