これさえあれば外国人客へのサービスも怖くない!すぐに使える「接客英語フレーズ集」(PDFダウンロード付き)

【ざっくり要約】

  • 今後ますます外国人のお客さまへの対応機会が増える
  • 覚えておくと便利なフレーズはコレ!(PDFダウンロードのおまけ付き)
  • いざという時に備えて、スマホに翻訳/通訳アプリを

このところ日本を来訪する外国人のお客さまが増えてきました。
日本政府観光局の発表によると、昨年1〜8月期の訪日客数は1287万人。前年同期比で49%も増えているそうです。2020年の東京オリンピック開催に向けて、今後もこの傾向は続くと予測されています。
そんななかで飲食店のインバウンド需要も確実に拡大していきます。外国人観光客を迎えることになる飲食店にとっても、こうした変化にどう対応していくかが真剣に問われるようになってきました。

対応方法はいくつかあります。多言語対応のメニューを用意しておいたり、外国人スタッフを新たに採用して対応してもらったり……。
とはいえ、スタッフ全員が簡単な英語で「おもてなし」ができたほうがいいですよね。
実際にスタッフ教育の一環として、英語教育を実施しているお店もあると聞きます。
もちろん、全員が英語ペラペラ!というのは難しいですし教育コストもかかります。でも、接客に使うことの多い最低限のフレーズだけなら覚えておいてもらうことができそうな気がします。スタッフさんも、ちょっと英語が話せるだけでも外国人の方への接客が楽しくなったりするかもしれません。

そこで、スタッフさんにちょっと覚えてもらうと便利そうな「絶対使える接客英語かんたんフレーズ集」を作ってみました。
接客の場面ごとにまとめてみましたので、どうぞ参考にしてみてください。
 

●ご来店からご案内まで

いらっしゃいませ Hi!
または Good afternoon /Good evening!
何名さまですか? How many?
または How many (people) are you?
ご予約いただいていますか? Do you have a reservation?
申し訳ございませんが、ただいま満席です。少々お待ちいただけますか? I’m so sorry, there is no table available now. Would you mind waiting?
こちらにどうぞ。 This way, please.
または、Would you follow me, please?
(お客さまに呼ばれたら)ただいま伺います。 I’m coming!
または I’ll be there in a moment.
こちらがメニューです。 Here is the menu.
お決まりになりましたら、お知らせください。 Please let me know when you have decided.

●ご注文からテーブルサービスまで

ご注文はお決まりですか? Are you ready to order?
または May I take your order?
(まだ注文が決まっていない場合)ごゆっくりどうぞ。 Take your time.
お飲物はいかがですか? Would you like something to drink?
そちらには◯◯(スープ、サラダなど)がついてきます。 That comes with ◯◯
ほかに何かご注文は? Anything else?
(料理を持って行って)どうぞ。 Here you are.
ごゆっくりどうぞ。 Enjoy your meal!
(追加注文を受けたら)
◯◯をすぐにお持ちいたします。
I'll be right back with your ◯◯.


ちなみに、お店のおすすめメニューを知りたいときに、お客さまからこんなふうに尋ねられることがあるかもしれません。
「What do you recommend?」(何かおすすめはありますか?)

そんなときはメニューを見せながら、
「I recommend this.」(こちらがおすすめです)と伝えてもよいですし、メニュー名を覚えておいて、「I recommend 〇〇」(〇〇がおすすめです)と言うといいみたいです。
 

●お食事が終わったら

(食後に)いかがでしたか? Did you enjoy your meal?
お皿をお下げしてもよろしいですか? May I take your plate?
お皿をお下げいたします。 Let me take your plates.

 

●お会計からお見送りまで

合計◯◯円です。 Your total is ◯◯ yen.
お支払いはご一緒でよろしいですか? 別々になさいますか? Would you like to pay all together or separately?
こちら、お釣り(レシート)です。 Here is your change(receipt).
ありがとうございました。 Thank you. Have a good day / night.

ーーーと、ひととおりの接客には、だいたい以上のフレーズを抑えておけば、たぶんOKのはず。
上のフレーズを1枚にまとめたPDFファイルも作ってみましたので、よければ活用してください。
(ダウンロードはコチラ

もしもこれ以上の会話を、外国人のお客さまから求められた時のために、たとえば手元のスマートフォンに「通訳/翻訳アプリ」を入れておくと便利かもしれません。

翻訳アプリの定番といえば「Google翻訳」。とてもたくさんの言語に対応していますし、フレーズを書いて翻訳するだけではなく、聞き取ったり話したりもできますので、インストールしておくと何かと便利です。
今回紹介しているフレーズの発音がわからない場合のチェックにも使えて便利です。

Google翻訳
Google翻訳
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

また「接客英語アプリ」という、接客に必要になりそうなフレーズだけを集めた無料のiPhoneアプリもあります。(アプリのレビュー記事はコチラ
小売店向けのフレーズがメインですが、飲食店でも使える英語がたくさん収録されていますので、けっこう参考になりそうですね。

接客英語アプリ
接客英語アプリ
開発元:Yasuhiro Takano
無料
posted with アプリーチ

ともかく、英語での接客は話し慣れないと緊張してしまいがちです。でも、異国の地でお店に入るお客さまだって、たぶん緊張しているはずです。
ほんの少しでも外国人のお客さまがリラックスできるように、笑顔で元気にコミュニケーションをとることを心がけたいところ。文法や発音を気にするよりも、日本人のお客さまと同様に、まずはニッコリ微笑みかけながら話しかけてみることからはじめてみるのがよさそうです。
そこから素敵なコミュニケーションが生まれるかもしれませんね。


参考:

関連記事