美味い料理は上手く撮る。撮影のコツはインスタグラムから学ぶ

飲食店のPRで大切なのが料理の写真。毎回プロに撮ってもらうのが理想ですが、即日SNSにアップしたいときにはスタッフが自ら撮影しなければならないことも……。

そこで参考にしたいのが、美しい画像が多いことで知られるインスタグラム(Instagram)です。風景だけではなく料理に関してもプロ顔負けの写真がたくさんアップされています。そんな写真を撮るコツはどこにあるのでしょうか。マスターしたいポイントをみていきましょう。

インスタグラム(Instagram)とは

r12-2A_10132112351.jpg

インスタグラムとは、写真を簡単にシェアできるSNSです。おしゃれな画像が多いことで知られ、食品業界の企業アカウントのなかにも美しい写真が並んでいるものがあります。またおいしそうに見える写真も多いのですが、それらを見ると「フードフォト」の撮影時には次のような配慮が必要だということがわかります。

自然光で撮影する

薄暗い場所で料理を撮影するときにはついフラッシュを使いたくなりますが、できるだけ自然光を取り入れて写真を撮りましょう。フラッシュを使ってしまうと立体感のない写真になり、いまいち食欲がわかない画になってしまうことも。自然光の光が強すぎると感じるときは、カーテンで光量を調節します。

構図を変えてみる

いつも斜め上から少し引いて写真を撮っていませんか? 料理によっては構図を変えてみるのも効果的です。断面を強調したい料理は真横からアップで撮り、皿への盛り付けを一枚の絵のように見せたい場合は真上から撮影するなど、狙う効果によって違う構図を試してみてください。いつもと違った迫力のある画になったり、アート作品のように仕上がったりします。また奥行きのある写真が欲しいときは、被写体を真ん中に置かずに左右どちらかに寄せて撮るとよいでしょう。

食材の形を変えてみる

材料もおいしそうに撮りたいものです。野菜や果物を丸ごとカゴに入れて撮影し新鮮さを強調するのもひとつの方法ですが、食材をスライスするとよりおいしそうに見えることもあります。いろいろなカットの仕方を試してみてください。

色のバランスを考える

おいしそうに見える写真はおいしそうな色をしているものです。ひとつひとつの色がきれいに見えることも大切ですが、全体の配色バランスにも気を配りましょう。同じ色ばかりが固まって窮屈そうに見える部分はないか、などをチェックします。また、料理と食器の色とのコントラストにも配慮が必要です。全体がぼんやりした印象の写真になってしまう場合は、食器の色を変えてみるのもよいでしょう。

フィルター機能を上手く使う

最後に、撮影後に行う「編集」のポイントにも少し触れておきましょう。

インスタグラムは、「フィルター」という機能で写真を手軽に編集できます。例えば、「Lo-Fi」というフィルターでは鮮やかな色に仕上げることができ、「Mayfair」を使えば柔らかい雰囲気になります。フィルターは全部で20種類以上あるので、ほかにもさまざまな加工ができます。そのなかから狙った効果が出やすいものを見つけて上手く活用していきましょう。ただし、あまり使いすぎないことも大切です。写真の加工の度合いが強すぎると、料理のフレッシュさの感じられない「重い」印象の一枚になってしまう可能性もあります。フィルターを使って編集したら、ほかの人にも写真を見てもらって客観的な意見を聞くのもよいでしょう。

インスタグラムの画像を研究して、レベルアップを目指そう

今回ご紹介したポイントは、すぐに実行できるものばかりです。ぜひ次の撮影時に試してみてください。また、ほかにも工夫できる点がたくさんあるはずです。インスタグラムからおいしく撮るヒントを得て、スタッフ撮影でもプロ顔負けの写真を目指しましょう!


参考:

関連記事