飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

編集部セレクト
2018年8月22日

順番待ちやキャンセル待ちもクラウド型予約台帳で正確に管理が可能

この記事をシェアする

お客さま来店時に満席で、順番を待っていただく場合や、予約希望日が既に満席のため「キャンセル待ち」をしていただく場合など、すぐに配席できないケースがあります。

こうした「順番待ち」「キャンセル待ち」のお客さまを、どのように管理し、スムーズに案内することができるのか。とても悩ましいところです。

こんな時、クラウド型予約台帳を活用すれば、一時的に配席しない状態で予約を受け付けできます。たとえば「トレタ」には、「ウェイティングリスト」という機能があります。

1.予約受付で配席の際にウェイティングリストを選択する

2.配席可能になったら予約から「配席する」をタップ

3.配席可能なテーブルをタップして「確定」をタップ。これで配席完了です!

あらかじめお名前や人数などの予約の情報を伺えば、空席が出た時にすぐに配席できます。さらに、現在何組待たれているのか、週末や連休など繁忙期のキャンセル待ち状況など、ひと目で把握することが可能です。

また「ウェイティングリスト」に複数の予約を入れた場合、予約の登録順に上から並びます。後からキャンセル待ちしたお客さまを、間違って先に案内するなどのトラブルも起こりません。

 

クラウド型予約台帳シェアNo.1!
「トレタ」について詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせくださいhttps://toreta.in/jp/contact/

 

この記事をシェアする
明日のレストラン編集部
この記事を書いた人

飲食店で働くすべてのみなさまのため、今日より明日さらに繁盛させるためのノウハウなど、すぐに役立つ情報をさまざまな角度からお届けします。

おすすめ5選

新着記事