飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

編集部セレクト
2018年8月29日

「リアルタイムウェブ予約」を活用して、お店の回転率をUP!

この記事をシェアする

クラウド型予約台帳とウェブ予約を連携してうまく利用すれば、お店の売上を伸ばすことにつながります。

仕組みはシンプル。ウェブで予約が入れば、瞬時に予約台帳の空席に予約が反映されます。オーバーブッキングしないため、いつ予約が入っても怖くありません。
つまり、営業時間中でもリアルタイムで予約が取れます。極端な話、席が空いていれば来店1分前でも予約を受け付けできるのです。

売上を倍増!「リアルタイムウェブ予約」

とあるビジネス街のイタリアンバルが、この「リアルタイムウェブ予約」を実施したことで、ランチタイムの来店が2回転するようになりました。

まず、ウェブ上でランチタイム予約を「12時から1時間」と「13時から1時間」の2つの時間帯で開放。それ以外の時間帯の予約は取れないように設定しました。

全てのお席がウェブから予約できるため、お客さまは予約ページを見れば空席時間がひと目でわかります。またお客さまにとっては、予約することで「ランチ難民」防止になり、ものすごく喜ばれているそう。こうして「確実に空いている席や時間帯に予約が入るため、2回転するようになった」とのことです。

実施後、ランチタイムの売上はなんと倍になりました。
もちろん「リアルタイムウェブ予約」は、ランチタイムだけでなく、ディナータイムでも大きな効果があります。

戦略的ウェブ予約でお客さまの来店時間をコントロール

こうしたウェブ予約は、席をどのように開放するか、自店でコントロールできることも利点です。

予約を受け付ける際に時間をうまく調整すると、元々1回転だったところを2回転になることもあります。例えば、予約は18時来店から先に埋めて、フリーのお客さまが増える20時までに1回転を終える。そのために19時からの予約をとらない、など。戦略的に活用することができるのです。

電話予約だと、お客さまと都度交渉が発生することも多いでしょう。また、大抵お連れさまがいるため、電話中に「相談してまた連絡します」と仰られ、そのまま連絡が来なかったり。予約を取りこぼしてしまう可能性が高くなります。

ところがウェブ予約だと、お食事の開始時間をお店が指定可能です。たとえば「18時から」と「20時から」と、どちらかしか選べない、というふうに。

しかも、空席状況も設定に合わせてお客さまに見せられるので、お客さまはあらかじめお連れさまと時間を調整した上で予約をされます。お店は何の調整も交渉も必要がありません。

お店の業務負担を軽減するだけでなく、「こういうふうにお席を埋めたい」という形で予約を受け付けられる。ウェブ予約を活用すれば、とても生産性の高い状態が得られるのです。

クラウド型予約台帳シェアNo.1!
「トレタ」について詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせくださいhttps://toreta.in/jp/contact/

 

この記事をシェアする
明日のレストラン編集部
この記事を書いた人

飲食店で働くすべてのみなさまのため、今日より明日さらに繁盛させるためのノウハウなど、すぐに役立つ情報をさまざまな角度からお届けします。

おすすめ5選

新着記事