飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

編集部セレクト
2018年8月22日

実施店が急増!「ウェブ予約」はお店の生産性を高める!?

この記事をシェアする

「ウェブ予約」と聞くと、それだけで敬遠される方が意外に多くいらっしゃいます。一方で、積極的にウェブ予約を実施される店舗が増加していることも確かです。

ウェブ予約を実施していないお店の方にお話を伺うと、一番多い理由が「漠然とした不安」。声も聞こえない人の予約が入る怖さや、手軽にキャンセルされるのではという不安だったりします。

しかし、電話でもウェブでも、予約を受ける際には多かれ少なかれリスクがあります。

そんな中、クラウド型予約台帳と連携したウェブ予約を活用されているお店では、スタッフの方々の生産性が高まり、売上アップに繋がっているという事実もあります。

とあるお店がウェブ予約を実施した理由とは

とあるウェブ予約を実施したお店に、ウェブ予約開始した理由を伺うと、
下記のような回答を頂きました。

①基本的に、予約電話は早く取る必要がある。
→大抵のスタッフは小走りが余儀なくされる。

②大抵他の業務に取り組んでいる時に予約電話を受ける。
→伝え漏れや聞き逃しなどのミスが起きやすい。

③そのため、予約電話は店長マネージャーしか受けない。
→本来お店のマネジメントをする役割の人が(そしてお店で最も時給が高い人が)
電話の応対に忙殺され、本来の業務ができなくなった。

こうした状態を何とかしたいと考えて、こちらのお店はウェブ予約を始めました。

ウェブ予約を実施した後には大きな変化が

そして導入後は、下記のように大きく変化したそうです。

①予約情報がリアルタイムで予約台帳に反映され、手間が省けた
→ウェブ予約をクラウド型予約台帳と連携させた

②店長さんが本来やりたかった接客サービスに、より多くの時間が割けるようになった
→電話応対や台帳記入の時間が短縮されたため、負担が軽減された

ウェブ予約を開始するだけでなく、クラウド型予約台帳と連携させれば、お客さまご自身が名前や連絡先まで入力され、しかもリアルタイムで自動的に台帳に予約情報が入ります。いうならば、お客さまがお店のスタッフの代わりに、クラウド型予約台帳に入力しているのと同じ状況になります。

みなさんの頭のなかには、「ウェブ予約=集客ツール」というイメージがあるかも知れません。しかし、ウェブ予約はクラウド型予約台帳と連携させることで、お店の生産性が高まり、本来すべき業務に集中するためのものになりうることが、今回の取材で明らかになりました。みなさんもぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

クラウド型予約台帳シェアNo.1!
「トレタ」について詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせくださいhttps://toreta.in/jp/contact/

 

この記事をシェアする
明日のレストラン編集部
この記事を書いた人

飲食店で働くすべてのみなさまのため、今日より明日さらに繁盛させるためのノウハウなど、すぐに役立つ情報をさまざまな角度からお届けします。

おすすめ5選

新着記事