飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

編集部セレクト
2018年8月22日

「来店ステータス」の活用で、当日のオペレーションがスムーズに

この記事をシェアする

クラウド型予約台帳で「来店ステータス」を入力すれば、予約受付後に、予約の状態把握ができます。これは、紙台帳だと実現が難しいことのひとつです。
たとえばご来店当日に、予約席の状態を確認せずとも「ご来店」「一部来店」など把握できますし、キャンセルやNo Show(無断キャンセル)などの来店履歴も残せるため、以後の予約の際に参考になります。

「来店ステータス」の種類

では「来店ステータス」にはどんな項目があるのか。「トレタ」を例にして、それぞれの項目の用途をみていきましょう。

「来店待ち」 ・・・予約客がまだ来店していない状態
「一部来店」 ・・・まだすべての方が揃っていない状態
「ご来店」  ・・・予約人数のお客様が全て揃った状態
「お食事済」 ・・・全ての料理を提供し終えて、食事が完了した状態
「お会計済」 ・・・会計が完了した状態
「リセット済」・・・片付けが完了し次のお客様をご案内できる状態
「予約取消」 ・・・予約キャンセルがあった状態(予約の表示は消えます)
「No Show」 ・・・お客様より予約キャンセルの連絡がなく来店されなかった状態(予約の表示は消えます)

来店ステータスを変更するには

なお、誤って「予約取消」や「No Show」と設定し、タイムテーブルやテーブルレイアウトからご予約が消えてしまっても、当該日の予約リストから簡単に復活できます。

来店ステータスの入力は少し手間がかかりますが、そのぶん、当日のオペレーションがスムーズになるなどメリットがたくさんあります。ただ予約を受けるだけの台帳ではなく、業務を効率化できる台帳。それがクラウド型予約台帳なのです。

 

クラウド型予約台帳シェアNo.1!
「トレタ」について詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせくださいhttps://toreta.in/jp/contact/

 

この記事をシェアする
明日のレストラン編集部
この記事を書いた人

飲食店で働くすべてのみなさまのため、今日より明日さらに繁盛させるためのノウハウなど、すぐに役立つ情報をさまざまな角度からお届けします。

おすすめ5選

新着記事