飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

編集部セレクト
2018年8月22日

クラウド型予約台帳は、新規予約が手間なく簡単に受け付けられる

この記事をシェアする

iPadなどのタブレット端末で操作する、クラウド型予約台帳。便利で手軽に使えることから、ここ数年で急速に普及しています。しかし、「紙台帳に書き込むほうが早い」と考えている方もまだ多いようです。
実際は簡単に操作できるため、予約を受け付けるスピードも紙台帳よりも早くなります。
たとえば「トレタ」は、新規予約を受け付ける場合、基本的には次のような手順で受け付けできます。

1.最初の画面から新規予約をタップ

2.記載内容をお伺いする

この方法の場合、予約が多い飲食店では、いざ予約席を確保しようとしても満席…というケースもあり得ます。
そんな場合のためにも、テーブルの予約状況を確認してから予約する方法もあります。

1.タイムテーブルの画面から

2.予約したい日時を長押しする


こうすれば、予約の空き状況を確認してから受け付けするので、予約日時の変更をお願いする手間がなく、スピーディに予約を受け付けできます。
このように、クラウド型予約台帳には、とても便利な仕組みが取り入れられているのです。

 

クラウド型予約台帳シェアNo.1!
「トレタ」について詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせくださいhttps://toreta.in/jp/contact/

この記事をシェアする
明日のレストラン編集部
この記事を書いた人

飲食店で働くすべてのみなさまのため、今日より明日さらに繁盛させるためのノウハウなど、すぐに役立つ情報をさまざまな角度からお届けします。

おすすめ5選

新着記事