飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

連載
2018年4月3日

飲食店専門! 石崎先生のよくわかる法律相談【17】スポーツ中継を店内で放送するのは違法なんですか?

この記事をシェアする

店舗の貸借トラブル、スタッフの労務問題、お客さまからのクレーム・・・。飲食店の日々の営業の中で「法律的にどうなの?」「これって違法なの?!」と迷うことは少なくありません。法律はもちろんのこと、外食業界に精通した弁護士の石崎先生が、飲食店経営にまつわる悩みにズバリと回答をします。

相談:スポーツ中継を店内で放送するのは違法なんですか?

本日の相談
大学のある街で居酒屋をやっています。

その大学の野球部は名門チームとして知られており、毎年のようにプロを輩出しており、商店街あげて、大学の野球部を応援しています。

もちろん、私の店でも応援していて、プロ野球やメジャーリーグの試合を店内で楽しめることをウリにしています。

ところが、商店街のメンバーから、放送をウリにするのはまずいと注意されてしまいました。
どのような点が法律上、問題になるのでしょうか。問題にならない方法もあれば教えてください。
(オーナー 30代 男性)

相談:スポーツ中継を店内で放送するのは違法なんですか?

石崎先生の回答
これについては、かなり難しいところがあります。
テレビ放送については、著作権の例外規定があります。

①営利を目的としないで、かつ、お客さんから料金を取らなければ、②通常の家庭用の受信装置を用いて放送してもよい、というものです。

ポイントは2つです。

まずは、①営利目的かどうか、料金を取っていないかという点です。例えば、小さなラーメン屋に置いてあるテレビで、ただテレビ放送が流れていたとしても、もちろん問題ありません。

しかし、プロ野球のクライマックスシリーズを放映します!といって、入店料などチャージを取れば明らかに問題です。

例えば、チャージを取るのではなく、そのときだけ、高いコース料金を設定するのはどうかというとグレーな気がしますし、個々のケースが違法かどうかは、まさに個別に考える必要があります。

次に、②通常の家庭用の受信装置を用いて放送する、というのは、要は家庭用のテレビを使うということです。テレビが大きい分にはいいですが、プロジェクターなどを用いて大きく投影してはいきません。あるホテルがパブリックビューイングをやろうとして、権利者から警告を受けたケースもあります。

つまり、家庭用のテレビを用いて放送すること自体は問題ありませんが、放送することを前面にアピールしたり(「地上波のメジャーリーグの試合を全て放送しています!」など)、放送を見るために個別で料金を取ったり(「テレビチャージ●円」など)、プロジェクターで拡大放送したりすると違法ということです。

ここまでは地上波の放送の場合です。有料放送の場合は放送契約の中で別の定めがなされていることがほとんどです。

一般的には、「業務等で視聴できるようにしてはだめ」と、著作権法よりももっと広く制限されています。ただ、有料放送では業務用で放送できる別の契約がありますから、その業務用の契約を結んでおけば問題ありません。

まとめると、地上波の場合は放送することでの対価を得たり、プロジェクターなどを使わない、有料放送の場合は事業者用の契約を結ぶ、ということになりますね。

■相談一覧
【1】 20名様のドタキャン。泣き寝入りしかないですか?
【2】 寿司のネタだけ食べてシャリを残す。食べ方はお客さまの自由?
【3】アルバイトにペナルティって課せられる?
【4】自家製サングリアの提供ってダメなの?
【5】お子さんのケガ。これって店の責任?
【6】「お子さん入店お断り」は法律的にOKですか?
【7】突然の家賃の値上げ。従うしかないですか?
【8】スタッフがお客さま情報をSNSにアップ??
【9】店内でお客さまの持ち物が盗まれた? 店にも責任があるの?
【10】SNS に事実と違うことが書かれました。対応策を教えてください!
【11】ランチタイムだけ友人に店を貸したい。気をつけることは?
【12】スタッフの不正、対処の方法を知りたい
【13】居抜き物件の契約で注意すべきポイントは?
【14】円満退社のはずが訴えられました。
【15】住宅街でのポスティングって違法なんでしょうか?

■関連記事

食費データ研究所[報告書01]金沢・富山のアイス好きの謎に迫る!


若き飲食経営者たちの夢〈1〉赤塚元気氏(株式会社DREAM ON COMPANY)

この記事をシェアする
石崎冬貴
この記事を書いた人

弁護士・社会保険労務士 弁護士法人横浜パートナー法律事務所(http://www.ypartner.com)所属 フードコーディネーターとしても活動し、法的支援を得ることの少ない小規模飲食店や飲食関連業者を支援するため、 飲食業界専門で法的支援を行っている。飲食店支援サイトも開設

おすすめ5選

新着記事