飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

連載
2018年3月22日

飲食店専門! 石崎先生のよくわかる法律相談【16】行列って営業妨害になるんですか?

この記事をシェアする

店舗の貸借トラブル、スタッフの労務問題、お客さまからのクレーム・・・。飲食店の日々の営業の中で「法律的にどうなの?」「これって違法なの?!」と迷うことは少なくありません。法律はもちろんのこと、外食業界に精通した弁護士の石崎先生が、飲食店経営にまつわる悩みにズバリと回答をします。

相談:行列って営業妨害になるんですか?

本日の相談
祖父の代から洋食屋を家族で営んでいます。

ある人気俳優が下積み時代に通っていたと、テレビで当店を紹介してくださり、連日行列ができるようになりました。

すると、近隣の方々から行列に対するクレームが入るようになりました。私から見て、特にマナーが悪いとは思いませんし、静かに順番を待ってくださっています。

しかし、ある店主からは「行列が自分の店にまでできるのは困る。営業妨害だ。即刻ランチを止めて欲しい」と強く言われてしまいました。

このような場合も、営業妨害に当たるものでしょうか。
(コック 30代 男性)

周囲の方々と前向きな話し合いを

石崎先生の回答
単なる行列であっても、法律上の問題が生じることは十分にありえます。

ラーメン店など予約管理のしにくい業態でよくある問題ですね。人気が高じたため、閉店や移転をせざるを得なくなった報道を目にすることもあると思います。行列を収容するだけのために、ガレージなどを借りている店もありますね。

この問題は2つの点から考える必要があります。

まずはご指摘の通り、本当に営業妨害になっているのかという点です。静かに順番を守っているからといって、相手に損害を与えていないとは言い切れません。

店の前に人がたくさん並んでいれば、店としては穏やかではないでしょう。静かな雰囲気を売りにしている店では、入り口付近の席は使えなくなるでしょうし、カーテンを閉めっぱなしにするわけにもいきません。小売業であれば、場合によって目に触れる機会が増え、いい影響があるかもしれませんが、他のお客さんが落ち着いて商品を見ることができないという意見もあり得るでしょう。いずれにせよ、個々のお客さんがマナーを守っているかどうかとは別に、営業上問題が出てくれば、営業妨害になりえるということです。

例えば、行列禁止を大きく掲げて整理券制を取り入れるなどの対策をしたとしても、個々のお客さんがそれに従わず、周辺に勝手にたむろしていれば、あなたの店が周囲に損害を与えていると取られかねません。

次にその営業妨害が、あなたの店のせいで起きたものかという点が問題になります。

法律上の請求をするためには、なんとなく嫌だというだけでは足りず、行列によって来客数がこれだけ減ったなどの具体的な損害や、過失の有無、行列との因果関係の証明が必要になります。

行列問題に限らず、飲食店の運営は周囲の協力がなければ、難しいところがあるでしょうから、ぜひ周辺の店とよく話し合うことが大切です。

行列ができるほど話題になることで、新しいお客さんが地域に来てくださっていることを好機と捉えて、あなたの店だけでなく周辺の店にも誘客できるなど、利益をもたらせられる前向きな話し合いができるといいですね。

■相談一覧
【1】 20名様のドタキャン。泣き寝入りしかないですか?
【2】 寿司のネタだけ食べてシャリを残す。食べ方はお客さまの自由?
【3】アルバイトにペナルティって課せられる?
【4】自家製サングリアの提供ってダメなの?
【5】お子さんのケガ。これって店の責任?
【6】「お子さん入店お断り」は法律的にOKですか?
【7】突然の家賃の値上げ。従うしかないですか?
【8】スタッフがお客さま情報をSNSにアップ??
【9】店内でお客さまの持ち物が盗まれた? 店にも責任があるの?
【10】SNS に事実と違うことが書かれました。対応策を教えてください!
【11】ランチタイムだけ友人に店を貸したい。気をつけることは?
【12】スタッフの不正、対処の方法を知りたい
【13】居抜き物件の契約で注意すべきポイントは?
【14】円満退社のはずが訴えられました。
【15】住宅街でのポスティングって違法なんでしょうか?

■関連記事

食費データ研究所[報告書01]金沢・富山のアイス好きの謎に迫る!


若き飲食経営者たちの夢〈1〉赤塚元気氏(株式会社DREAM ON COMPANY)

この記事をシェアする
石崎冬貴
この記事を書いた人

弁護士・社会保険労務士 弁護士法人横浜パートナー法律事務所(http://www.ypartner.com)所属 フードコーディネーターとしても活動し、法的支援を得ることの少ない小規模飲食店や飲食関連業者を支援するため、 飲食業界専門で法的支援を行っている。飲食店支援サイトも開設

おすすめ5選

新着記事