飲食店で働く人のための情報マガジン by トレタ

編集部セレクト
2017年6月14日

飲食店のための「予約キャンセル防止チェックリスト10」2017年版

この記事をシェアする

トレタの足立です。

今回は、さまざまな飲食店さまからお聞きした予約キャンセルを防ぐ方法をまとめたチェックリストを紹介いたします。これまで、ブログなどでお伝えしてきた情報の2017年版です。

1)予約したお客さまを認識していることを伝える
予約の時点で「◯◯さま、いつもご利用いただいていますよね」「前回は●月にご来店いただいていますね」と過去の利用状況を認識していることを伝えると、お客さまとの信頼関係が生まれ、予約キャンセルがされにくくなります。同時に過去にキャンセルしたことがあるかどうかも把握しておくといいでしょう。

2)「フルネーム」と「第二連絡先」を聞く
「フルネーム」と「会社と携帯」または「自宅と携帯」などの第二連絡先も抑えることで予約キャンセルされにくくなります。そればかりか、連絡が取りやすくなるメリットもあります。

3)「会社名」と「会社連絡先」を聞く
忘年会や歓迎会など企業の宴会では、「会社名」とその「会社連絡先」まで聞くといいでしょう。会社名を聞くのはハードルが高く感じますが、当日の来店時に会社名で予約確認するお客様が多いことを伝えると教えていただきやすいです。

4)人数変更およびキャンセル規定を伝える
「人数の変更は前日の夜◯時までとなっております。また当日キャンセルするとお料理代金全額のキャンセル料が発生します」など明確に伝えましょう。

5)予約キャンセル時に必ず連絡してもらうよう「了承」を得る
万が一、予約キャンセルをする場合は、必ず連絡をしてもらうように了承をもらうことで、連絡しなくてはいけないという気持ちを残します。期限を指定するなどすると相手の心に残りやすいようです。

× 「予約変更、キャンセルの場合はご連絡ください」
⇒具体的な情報がなく、お客さまの記憶に残りにくく、会話の流れで「はい」と言ってしまう。

○ 「どうしてもご予定が変わる場合は、○日前の●●日の×時までに必ずご連絡いただいてよろしいですか?」
⇒お客さまが記憶しやすい情報にして、「はい」と言ってもらうことが大事。

6)仮予約の場合は期限を切り、連絡がなければキャンセルになる旨を伝える
連絡が取れなくなったときのリスク回避策として有効です。お客さまに仮予約の期限を「○日前の●●日の×時まで」と明確に伝えることが大切です。もちろん、期限日には店から連絡を入れて、予約かキャンセルかの確認を行うとトラブルが回避できます。

7)店から特別なサービス・おもてなしをする旨を伝える
特別なメニューやドリンクのサービスを約束したり、ウェルカムカード(ボード)をご用意するなど、店がひと手間をかけていることを伝えることで、予約キャンセルをされにくくします。

8)予約確認の連絡をするお客さまの対象を明確に決め、こまめに事前連絡する
「◯人以上(予約人数)」、「◯日先以上の予約(予約日までの期間の長さ)」など基準を決めておき、こまめな事前連絡で予約キャンセルを防ぎます。連絡方法は電話連絡のほか、メールや携帯番号へのショートメッセージなどもおすすめです。

9)キャンセルが疑わしい予約は、前金や申込書をいただく
以下のような場合は、予約キャンセルになる可能性が高いと言えます。前金をいただいたり、申込書などの書面をいただくなど、対策を講じておくと安心です。

・15名、20名といったキリがいい予約人数
・コース予約ではない(とりあえず席だけの予約)
・予定がまだ未確定で予約人数があいまい
・値下げ交渉してくる(好条件の店に乗り換えがち)
・仮押さえ(まだ比較検討の段階)

10)勇気を持って、キャンセルが疑わしい予約をお断りする!
そもそも予約キャンセルが疑われるような内容の場合は「申し訳ありません。内容を確定しないとお受けできないんです」など、思い切ってお断りしてしまうのも、ひとつの手です。

いかがでしたでしょうか? 予約キャンセル対策のヒントとしてご活用ください。

※この記事は2015年11月27日公開のトレタブログ「飲食店のための『予約キャンセル防止チェックリスト』」の内容を一部改変しています。

■関連記事
【飲食店に直撃レポート】悪質な無断ドタキャンを防ぐ方法とは
飲食店がドタキャンされるより困ることは?

この記事をシェアする
足立賢信
この記事を書いた人

株式会社トレタ セールスグループマネージャー 1999年大学時代に某グルメサイト立ち上げに関わり、以来、15年在籍期間に飲食店営業またはサイト開発の責任者を務める。2014年より現職。

おすすめ5選

新着記事